· 

決めたことが実行できない

Yamatoコンサルティング 土谷です

 

決めたことを実行できないこと、よくありませんか?

何かをやると決断したときは、かなりの覚悟を決め、

必ずやり遂げよう!と強く心に決め、意識も高かったのに。

 

3日ほど、その時の覚悟は継続するが、後が続かない。

そう、3日ボウズという症状。

私も、何度も経験しました。

 

3日ボウズって、ごく普通の生活の中だけに起こるものではなく、

組織の中でも多く発生している、という意識は意外と薄いかも

しれません。

 

例えば、中期計画を作成したりしますが、作成が終わってしまうと

どうでしょうか?

多くの時間を費やし、膨大な工数を投入しても、作成が終わると

中期計画など無かったかのように、意識すらしないことって

経験しませんでしたか?

 

また、課題を解決する為に多くの打ち合わせを持ち、改善策を

作成したが、新たな課題が発生し、せっかく作成した改善案を

まるで、不良品のごとく捨て去ってしまうこと、

ありませんでした?

 

中期計画の作成は、同様の経験を持つ方が多いと思います。

何故、こんなことが起こるのでしょうか?

 

中期計画を作成することが目的となり、作成した瞬間に目的達成

になってしまう、という原因が考えられますが、私はもう一つ大きな

原因があるように思います。

 

中期計画の方向性が、組織の中で承認されているのかということです。

承認されておらず、違った考えを持つメンバーがいるとすれば、

中期計画を実行していくという行動にはつながりません。

 

組織全員の意識を合わせる事が、時間的にも無理だと解りつつ

中期計画を作成しているのであれば、単なる時間の無駄です。

中期計画の到達イメージを組織で共有し、イメージする事から

始める必要があると思います。

 

毎年同じ時期に、同じ期間の中で、その時だけ中期計画を

検討するような方法はいかがなものかと思います。

時間的に難しい事は理解しますが、常日頃から話題にあげ、

検討を継続することが、意味ある中期計画作成には必要であると

思います。

 

 

課題解決についても、同様の事があると思います。

改善策を実施することが、目的になっていないでしょうか?

改善策を実施すると、今と何がどう変わるのか?

具体的に何をどう変えるための改善案であることを、明確にする

必要があります。

 

改善策を実施したら、どういう効果が出るのか?

どういうマイナスの効果が考えられるのか?

という意思統一が出来ていないために、想定しなかった新たな課題が

発生した瞬間に、この改善策は間違っていたと捨て去られて

しまうのではないでしょうか?

 

改善案を実施するという事は、仕事の構造を変えるという意味です。

構造が変われば、今まで見えなかった課題が、新たに発生します。

それらを意識したうえで、想定できなかった課題に対しても、

継続的に改善案を検討していく、継続性が求められます。

 

 

また、計画や改善案を検討する際に、前向きに協力しないメンバー

に手こずることありませんか?

何故、企業活動において必要な検討をするのに協力しないのか?

と腹を立てても仕方ありません。

 

こういう人たちには、いくつかの共通点があるように思います。

このような事業計画や改善案では、結果はこうなってしまうと

着地点が見えてしまう特徴があるようです。

つまり、ベテランでスキルが高い人に、

多く存在しているように感じます。

 

もう一つは、今回も改善活動は、途中でとん挫すると、なんの根拠

もなく確信している人達です。

何度も同様の経験をし続けてきた、ある意味での被害者なのかも

しれません。

しかし、こんな人の中に、スキルや総合的な能力の高い人がいる

というのもまた事実です。

この人たちに協力いただければ、成功間違いなしです。

 

しかし。こういう人たちは百戦錬磨、手ごわい人が多いです。

意外な事に、以前には同様の改善提案を、熱意を以て活動されていた

方が多いのも事実であると感じています。

 

何度も改善を実施しようとするが、変わる気持ちが無いではないか、

という怒りにも似た感情をお持ちの方がいます。

 

こういう人たちを是非、仲間に引き入れてください。

難しいのは重々承知しています。

対応のヒントは、

 1/31 『一言の大切さ』を参考にしていただけるとありがたいです。

 

 

目的を明確にし、組織として承認し、着地点のイメージを共有する。

仲間を増やす。

マイナスの効果を受け止め、更に改善を重ねる事も、事前に共有する。

前向きなメンバーだけではなく、熱意あるメンバーを参加させる。

PDCAを上手く回し、改善した効果も組織で共有する。

 

このような対応が出来れば、3日坊主はかなり減るのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

コメント: 0