· 

チームワークってスゴイ!

二回続けてオリンピック関連です。

本日、平昌オリンピックの閉会式が行われました。

スポーツ好きな私にとっては、最高の五輪期間でした。

大会前から、いろいろと問題視されることが多い大会でしたが、終わってみれば各国選手団の

素晴らしい戦いぶりに、感動の毎日でした。

清々しいスポーツマンシップの前に、姑息な政治的な思惑など薄らいで見えました。

 

今回の五輪で一番強く感じたことは、チームワークの凄さです。

特に日本選手団のチームワークの良さは、際立っていたように思います。

個の力で日本に勝っている女子チームパシュートで、日本が金を取ったことは特筆すべき結果ではなかったかと

感じます。

空気抵抗を抑える目的で、隊列を揃え、見事なくらいに綺麗に、整然と滑走する日本チームが有利であるという理屈には

納得しますが、それだけでスケート王国のオランダに勝つ理由が理解しきれません。

ここに日本選手団の、本質的な強みがあるのではないでしょうか。

 

日本選手は、年間300日以上、チーム合同で一緒に練習をしてきたといいます。

この間で、チームメンバーの良い部分悪い部分もすべて理解しきっていたのではないでしょうか。

良い部分悪い部分も、すべて丸ごと受け止めて、チームメンバーを尊重し承認したことにより、メンバーを信頼できる。

この信頼が、他国にはまねのできない強みではないでしょうか。

例外的な事故が起きても、メンバーの状況が手に取るようにわかることから、メンバーの為に今自分がすべきことがわかる。

他のメンバーの状況が解るので、先頭でレースを引っ張る選手は、どのくらいのペースで走ればよいのかを理解できる。

ここは、頑張りどこであると判断された場合でも、どこまでペースを上げられるかを、瞬時に判断できる。

このほかにも数知れず多くの情報が、自然にインプットされていたのではないでしょうか。

 

女子カーリングもまた、違ったチームワークで素晴らしかったですね。

信頼関係を構築できているチームワークの、お手本のような素晴らしい内容でした。

日本選手団の皆さま、本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

このチームワーク、ビジネスにも参考になりますね。